SSブログ

1547 ヒラレノ鼻・材木ノ鼻=姫路市家島町坊勢:松島(兵庫県)国道436号線の海上区間をフェリーは走る [岬めぐり]

DSCN9850 (1).jpg
 姫路港と小豆島の福田港を結ぶフェリー第五おりいぶ丸は、四国フェリー系列の小豆島フェリーが運行している。2014年進水・就航しているこの船は、1326総トンで、旅客定員は490名、車両積載数は乗用車56台だという。
 それより2年早く進水していた姉妹船の第三おりいぶ丸も、同様の積載量だが、この二隻で姫路・小豆島航路は、1日に7往復している。所要時間は100分で、距離は41キロある。
DSCN9842 (1).jpg
 オツヅノ鼻を過ぎ、小さな無人島を過ぎるあたりから、南にいくつかの島影が見えてくる。と、向こう側の反対航路をこちらに向かってやってくる船があった。
DSCN9843 (1).jpg
 これが、福田港を出て姫路に向かう途中の第三おりいぶ丸だった。
DSCN9844 (1).jpg
 すれ違って行く第三おりいぶ丸。その向こうには、平たい島が見えるが、これが桂島だろう。松島からは1.5キロくらい離れている北東側の海上には、この桂島をはじめとして、小フツラ島、大フツラ島、長島、三ッ頭島と5つの島が浮かんでいる。それも、ほんのかすかに、なんとかあるのがわかるという程度でしかない。
DSCN9845 (1).jpg
 したがって、そのさらに向こうに大きく横たわっているはずの松島は、わずかにそれらしい島影が薄く見えた程度で、はっきりと確認することができない。その見えない松島とかすかに見える小島の所在地は、家島町坊勢となる。これらが家島諸島の南端に位置する。
スクリーンショット 2018-11-28 16.30.55.jpg
DSCN9846 (1).jpg
 松島の北東の端がヒラレノ鼻で、南西の端が材木ノ鼻なのだが、晴れていればきっとそれも見えたであろうということで、見えない岬ながらも項目だけは立てておくことにする。
DSCN9848 (1).jpg
 第三と第五、二隻のおりいぶ丸が行き来するこの航路は、実は国道を兼ねている。そういう例は他にもいくつかあるが、小豆島を経由しながら姫路と高松を結ぶ国道436号線の海上区間にあたっている。当然、小豆島と高松の間にも同様の海上区間はあることになる。
 その海上の国道を走って、どこかで海上の県境を越え、第五おりいぶ丸は小豆島を目指している。
DSCN9847 (1).jpg

▼国土地理院 「地理院地図」
34度35分57.43秒 134度29分2.56秒 34度35分36.08秒 134度28分36.29秒
スクリーンショット 2018-11-28 16.29.44.jpg
dendenmushi.gif近畿地方(2018/10/11 訪問)

@このブログは、ヘッダー、サイドバーをも含めた、全画面表示でみることを大前提としています。スマホでご覧の場合も「表示切替」で「PC」を選んで、画面表示を切り替えてご覧いただけるとうれしいです。

にほんブログ村 その他趣味ブログ
その他珍しい趣味へ

タグ:兵庫県
きた!みた!印(32)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

きた!みた!印 32

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。