SSブログ

1426 穴澗岬=奥尻郡奥尻町字湯浜(北海道)岩礁と立岩と防波堤と道路と崖が続く以外にはなにもない海岸線に [岬めぐり]

anama-4.jpg
 北国岬から神威脇の北にある屏風立岩までの間は、岩礁地帯や立岩などが、ずっと続いている。そのそばを走る道路には少し高目の防波堤がある。道路からはすぐに山か崖が立ち上がる。この防波堤や道路も、震災後にできたものだろう。
anama-8.jpg
 Wikipediaの道道39号線についての説明では、「海岸沿いを走る個所が多いが北海道南西沖地震後に作られた高い防潮堤により、道から日本海の景観はあまり望めない。」と書いてあったので、思わず口元が緩んでしまった。
 それを書いた人は、レンタカーかマイカーか知らんけど、車高の低い車の中からだけしか見ていないらしい。ここは走っていないけど町営バス(と書いていたけどどうも“町有”らしい)からはどこでもよく見えますし、歩いていても海の景色が見えないということはありません。
anama-12.jpg
 142メートルのピークをもつ巨大な岩の崖でできている穴澗岬は、その中間にあって、その崖下では道が緩くカーブしている。その下の海には岩礁が続いている。
anama-13.jpg
 崖を構成している岩は一枚岩ではないので、落石注意の標識もあるし、防護ネットが全面にかけてあり、崖の道路側には防護柵もしっかりと設けられている。
anama-14.jpg
 この岩崖の岬の名前は、「あなま」岬である。「澗」はサンズイを除いたままで読むのだが、おもしろいのはネットの辞書などには「訓読み. 1. たに; 2. たにみず. 音読み. 1. カン; 2. ケン」とあって、マがヌケている。
anama-1.jpg
 この文字の意味は、谷などの狭い隙間に流れる水などを示していると考えられるが、これに「穴」や「横」などがくっついて岬の名前になるところは、いささか不分明なままである。Wikipedia もいい加減で、誰も使わない数詞のことしか書いていないので役に立たない。
anama-13.jpg
 この字がついた岬は、北海道には結構あちこちにあって、この奥尻島の対岸の北海道本島せたな町の南部では、それがとくに集中していた。
anama-8.jpg
 困ったことに、この大岩壁の岬の周辺には、小さな流れもまったくないのだ。案外、「澗」の字のサンズイは、岩場の水を示しているのかもしれない。それならば、「穴」もそこいらにありそうなのだが…。
 ChinchikoPapa さんのコメントによれば、「北海道に多い「あなま(岬)」ですが、maは「半島・岬」そのものを表す意味ですので、それにaneの「細い・狭い・切り立つ」をかぶせると、ane-maで「切り立った半島(岬)」という意味」になるのだという。 それによると、穴も澗も、aneとmaにそれぞれ適当(と思われた)漢字を当てただけということになるので、穴や水を探すのは無意味ということになるなあ。
anama-6.jpg
 道路と海の間に、もう黒い塗装は剥げ落ちているが、阪神色の棒が立っていて、黄色の小さな板に赤い矢印、その下になにやら意味不明の判じ物のような記号が記されている。(そういえば、これは幌内トンネルを出たところにもあった。)
 あれっ、矢印と判じ物の向きが変わった!
anama-7.jpg
 これはいったいなんじゃろか? 道路か防護の工事にからむものでもあるような感じがするが、工事関係者のおじさん(おばさんでもおねえさんでもいいけど)に教えてもらいたい。
anama-3.jpg
 しかしまあ、世の中、ほんとにふしぎなことわからんことだらけで、楽しいよね。
anama-10.jpg
 北海道では、海中や海岸で独立した岩が立っているいわゆる“立岩”は、無数にある。東京湾岸にもっていけば、それだけでも立派な観光ポイントになりそうな立岩も、北海道ではさしてめずらしくはなく、名前がついているのはそのごく一部にすぎない。
anama-11.jpg
 穴澗岬の北側に立っている立岩も無名だが、節理の岩が割れて、まるで石垣を積んだようにみえるところもある。うん、なかなか立派な立石だ。
tateiwa-1.jpg

▼国土地理院 「地理院地図」
42度10分56.49秒 139度24分36.47秒
anamaM-1.jpg
dendenmushi.gif北海道地方(2016/09/03 訪問)

にほんブログ村 その他趣味ブログ<br />その他珍しい趣味へ 人気ブログランキングへ
タグ:北海道
きた!みた!印(43)  コメント(0)  トラックバック(0) 

きた!みた!印 43

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました