SSブログ

1137 赤崎=佐渡市小田(新潟県)岬も島もトビシマカンゾウの斜面も小田なのに(修正)花の管理をしているのは石名集落 [岬めぐり]

akasakikoda-12.jpg
 前項の弁天崎からは、道なりに3キロ弱、小野見、石名と2つの集落を歩き抜けると、赤崎である。
akasakikoda-11.jpg
 小野見にも石名にも、漁港などはない。この付近の海岸線は、ほぼ直線に近い形で北東に伸びて赤崎までほぼ砂浜が続いているからだ。ここも、山の上が段丘になっているので、集落のほとんどは農家なのだろう。
akasakikoda-9.jpg
 石名の集落には、各戸の名前と水槽や消火栓などの消火設備のマップが掲げられていた。こういうものを見るのは、初めてのような気がする。しかもまだ比較的新しい。あるいは、この集落には過去にそうした教訓を刻むべきできごとがあったのだろうか。
akasakikoda-10.jpg
 清水寺という大きなイチョウが茂るお寺がある。壇特山を奥の院とする、弘法大師伝説のこの寺は、名前の由来となった知恵の清水・長寿の清水が湧き出しているという。
akasakikoda-8.jpg
 清水寺のイチョウが後方に小さくなると、石名川の橋を渡る。橋の袂には青い高い標識が立っていて、「大佐渡石名天然杉」とある。今度はスギかあ。しかしなあ、10キロも先じゃあね。
akasakikoda-7.jpg
 前方に見えてきた山の下が、赤崎である。近づいていくと岩島が見えてくる。
 はて、なにやらこの岬の周囲の地形は、前の弁天崎とよく似ている。といっても、岬は岩の露出した海岸線の飛び出しで、尾根との間に道路が曲がりながら通っていて、周囲に何もないというところが同じなだけで、細かいところは当然異なっている。
akasakikoda-6.jpg
 まず、尾根の端がちょん切られてセメントで覆われていた弁天崎とは違い、赤崎の山は84メートルのピークの山がこんもりとあり、その斜面は自然のままにゆったりと下っている。その裾には看板が立っていて、この斜面がシーズンにはカンゾウの花でいっぱいになるのだとわかる。
akasakikoda-4.jpg
 カンゾウの花と同じ色の看板で、その種類がトビシマカンゾウであるということもわかる。この花は、山形県酒田市の北西に浮かんでいる飛島と、新潟県はこの佐渡島のみに分布している。
 「管理人 石名集落」とあるので、石名集落の人たちが立てたものらしい。
 「この山のかんぞうは、すべて自生のものです。近くでご覧になりたい方はこの道を歩いて行ってみてください。大きな車は海辺の空き地に置いてください。」という素朴な表現からは、その手入れをしているらしい集落の人たちのひそかに自慢したい気持ちが伝わってくる。
 自生のものだからといって、ほったらかしで維持できるものではない。現に、訪れた時はカンゾウの花は終わった後(ちょっと早いようにも思うが)で、いくつかあちこちにオレンジ色が残っているくらいだったが、下草を刈ったり手入れがちゃんとされている。
 ロケーションから考えて、この上の斜面に花がいっぱいに咲いているところを想像してみると、これはなかなかの自慢に値するかもしれない。
 次に道路だが、ほぼ90度近くに折れ曲がっていた弁天崎とは違い、赤崎ではゆったりゆっくりとしたカーブである。
akasakikoda-3.jpg
 岬も、崩れた跡のような岩礁だった弁天崎に対して、こちらは低いながらもはっきりした岬の飛び出しがある。また、周辺もここでは岬のそばまで水田がある。
akasakikoda-2.jpg
 赤崎のいちばんの特徴は、赤島という独立した岩島を伴っていることだろう。これが確かに赤いように見える。
 単なる立岩の域を越えていて、これでも高さが20メートル以上もある。
 赤島のある赤崎は、なかなかスジがきれいに通っている岬である。
akasakikoda-1.jpg
 おや、またまたヘンなことに気がついてしまった。
 赤崎も赤島も、カンゾウの斜面も、住所表示では岬のすぐ東に集落が集まっている小田の領分になっている。
 なのに、カンゾウの管理人は石名集落、となっているのは、ナゼ?(これを書いた当時は、確かにそうなっていたのだが、2017年にチェックしたときには小田から石名に岬の所在は修正されていた。)
akasakikoda-5.jpg

▼国土地理院 「地理院地図」
38.227758, 138.375103
akasakiM.jpg
dendenmushi.gif信越地方(2014/05/17訪問)

にほんブログ村 その他趣味ブログ<br />その他珍しい趣味へ 人気ブログランキングへ
タグ:新潟県
きた!みた!印(26)  コメント(0)  トラックバック(1) 

きた!みた!印 26

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

トラックバックの受付は締め切りました