SSブログ

50 佃・月島の北端の岬。隅田川を分ける先っちょから永代橋を望むと [月島界隈]

 このブログは、岬をめぐるのがメインテーマなのだが、いろいろな経緯からここしばらくはサブテーマのほうにばかり、傾斜してしまっている。月島界隈も、ぐるっとひとまわりが終わるまで、あともう少し続ける予定である。
RC21m01.jpg
 この項は、地形だけでいうなら岬にこじつけてもいいくらいで、佃・月島の北端にちょつと尖って突き出た先っちょである。
 この先っちょの上の一帯にも、パリ広場とかいうほとんど無意味な名がついているのは、例の友好河川がらみだがこれも当事者の自己満足だけのことでしかなく、ここを歩く人の何割がその名を知っているかといえば、決して多くはあるまい。
RC21m03.jpg
 隅田川が永代橋をくぐって流れてきて、石川島にあたって、ふたつに分かれる、ちょうどその分水嶺のようになっているが、本流は上流に向って左、西を流れる。右の東側も、越中島に沿ってこの先の相生橋までは隅田川なのである。「メッセンジャー」も見送るこの場所は、水面が広く開放されていて、ちょうど正面に永代橋のアーチを眺める。
RC21m05.jpg
 隅田川がまだ大川と呼ばれていた時代、四番目にあたる架橋は、現在の位置よりも少し北、豊海橋で日本橋川を越えたところ付近で行なわれた。この橋は、新開地深川を結ぶという点で地理的な要衝でもあったし、江戸を代表する橋として名高い。やはりここでも、祭りの人出で溢れる橋が落ちて、多数の犠牲者が出たという記録もある。
 物語りにも多く登場するが、でんでんむしはひょんなことから平岩弓枝の『御宿かわせみ』を読み始め、とうとう明治維新になるまでつきあってしまったが、その主人公たちにかかわる宿があったとされるのが大川端で、今の永代橋の下流右岸にあたる。大川端町という町名も消えてしまって、新川一丁目となっているが、ここを歩くと小さな堀割りがあったところにお稲荷さんだけが残っている。新川側も佃公園より木は若いが、サクラの並木が中央大橋まで続いている。
RC21m06.jpg
 先日、そこを歩いていたら、こんな立て札が立っていた。
RC21m07.jpgRC21m08.jpg
 そして、ちょうど水上バスの新鋭船「ひみこ」が通りがかるところだった。
 ひとつの島になっている佃と月島では、ここが最北端。
RC21m02.jpg
 突端の半分はウッドデッキになっていて、半分は石を敷いて満潮時には水をかぶるようになった親水設計である。大きな木もなくて陰翳に欠け、明るいがいささか殺風景ではある。たまに、ここから釣糸をたれている人を見かける。足場はいいのだが、あまりいいポイントではあるまい。おそらく...。このときは、潮が引いていたので、昔に撮った満潮時の写真も…。
RC21m09.jpg
 ジョギングや散歩、犬をつれた人、などで賑わうこの付近に、新しく加わったポイントが、みんなの注目を集めている東京スカイツリー。
RC21m04.jpg
 先ごろの地震で、先っちょが折れ曲ってしまった東京タワーの気持もよくわかる。このニュースを読んだとき、Macintoshのことをすぐに連想したものだ。彼等は、ユーザーがぼちぼち新製品情報を気にしたり、切り替えを考えようとしたりすれば、必ずといっていいほどどこかしら具合が悪くなってしまうのだ。これは「Macが拗ねている」のだと理解を示しているのだが…。
dendenmushi.gif(2011/04/25 記)

にほんブログ村 その他趣味ブログ
その他珍しい趣味へ
にほんブログ村

 


タグ: 月島
きた!みた!印(32)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

きた!みた!印 32

コメント 6

お水番

先日、羽田からの帰りのバスの中から東京タワーを見ました。聞いていたとおり、先が曲がっていました。あれは拗ねていたんですね。ライトアップもない古いタワーは、心なしか古めかしく見えましたが、なんというか愛おしさみたいなものがわいてきました。子供のころ、何度ものぼりましたもの。
by お水番 (2011-04-25 07:17) 

ナツパパ

ここの眺めは大好きです。
気分が霽れます。
連休の頃が、暑くも寒くもなく、一番好きですね。
東京の気分が霽れる場所10、を個人的に持っているのですがね、
間違いなくベスト3に入りますね。
by ナツパパ (2011-04-25 08:24) 

dendenmushi

@お水番さん、おかえりなさい。大変なことでしたね。
 東京タワーは、やはり今になって思うと、みんなの心に深くしっかりと立っていたのだと、気がつきます。
by dendenmushi (2011-04-29 06:43) 

dendenmushi

@ナツパパさんと同じく、でんでんむしも青葉のきらめく季節がなかなかいいと思います。もうじき、でんでんむしの季節でもありますし…。
 「気分が霽れる場所10」ですか。なるほど、いいですね、それは…。
by dendenmushi (2011-04-29 06:47) 

ぱぱくま

こんばんは。
空の狭い東京にあっても、ここの解放感と空の広さは
ピカイチですよね(^-^)/
確かに佃岬です・・・リバーシティより良いかも♪
by ぱぱくま (2011-05-01 01:11) 

dendenmushi

@空の狭い東京というのは、実感ですね。最近ではときどきニューヨークのような感じに思えることも…。
 ここなんか、ほんとに岬といっていいですよね。
 どうして東京湾の東京側には岬がひとつもないんだろうと、考えてみたことがありますが、やはり常に埋め立てをやってきて、どんどん海岸線が人工的になっていった、というのがいちばんの原因だろうと思われます。
by dendenmushi (2011-05-03 07:38) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。