SSブログ

425 番所ノ鼻=阿久根市脇本(鹿児島県)人はどこまで遠くを見通すことができるのか [岬めぐり]

 黒之浜というのはこの辺りではちょっと大きな集落で、そこへ向かう道を途中まで降りてまた一山越えるところで、乗客のいない一台の路線バスが坂を上ってくるのに出合った。そうか、ここにはバスも来るのか。
 あれ、どこ行きだったのだろう。写真撮っておけばよかったのにね。懸命に歩いているときには、案外そういう余裕がないものだ。
 道がいくつかの方向に分かれている。なくする前のうろおぼえの地図では、確か番所ノ鼻の方角はこっちのはずだが…。たまたま(めったにないことに)人がいたのでこういうときは聞くに限る。
 「すみません。ちょっとお尋ねしますが、深田へ行くにはこの道でいいんでしょうか?」
 普通、岬の名前を言っても、地元民でも通じないことが多い。これは、過去の経験から学んだことだ。しかし、よく「深田」という集落の名前を覚えていたもんだね。
 仕事をしているふうでもないその人は、よく聞き取れない調子で、身振り手振りを交えて教えてくれた。やっぱりこっちだ。お礼を言って坂道を登る。後ろから、またその人が声をあげ手を差し出しながら教えてくれるので、振り返ってまた帽子をとって手を振り返す…。
bansyonohana02.gif
 黒之浜の南に緩やかにうねって続く丘陵は、岬の落ちるところまで畑が広がっている。作物はさまざまで、とくにこれが名産というものはないようだ。
bansyonohana05.gif
 農道があるが、すぐ畑で行き止まりになり、なかなか番所ノ鼻の上とおぼしき辺りまでは、近づくことができない。おまけに地図をなくしてしまったので、目印に乏しい畑の中で、どこにいるのかわからなくなる。いや、これでは地図があったとしても、きっと同じことだっただろう。
bansyonohana03.gif
 ここからでも、南の海岸のいちばん遠くである、30数キロ先の川内市の天狗鼻まで見えるのではないか。あるいは、70数キロ先の鹿児島西側最後の出っ張りである、野間岬まで見通せるのではない。
 そう思ってはみたが、実はなかなかそこまでは遠望できない。“見えるのではないか”と思うのは、地図を見慣れてその鳥か飛行機になったような視点を、頭の中に作り上げてしまっているからだ。
 ここから実際に見えているのは、せいぜい5キロほど南の阿久根大島付近でしかないのだ。
bansyonohana08.gif
 しかし、これはどうだろう。これは黒之瀬戸から番所ノ鼻方面を遠望したものだが、ここには西端に少し高い山の出っ張りが見える。阿久根大島には、こんな高い山はない。すると、やはりこれは川内の天狗鼻なのか? いや、やっぱりそんなことはないだろう。天狗鼻の山は100メートルを越えているはずで、阿久根大島のほうの山は40メートルほどしかない(これは後で、地図で確認したこと)。それに距離を加えて判断すると…。望遠だからそう見えるだけなのだろうか。
 遠くを見通すのはなかなかむずかしい。
 少し大きな舗装道路まで戻って、深田の集落をめざして下って行く。
 途中には、白壁の塀を巡らした立派な家がある。
bansyonohana06.gif
 地方を歩いていると、こういうことはどこへ行ってもよくあることなので、都会生活者の目から見れば、決して“地方は貧しい”というばかりではないと思わせる。
bansyonohana01.gif
 目の前に広がってくるのは、番所ノ鼻と愛宕鼻という二つの岬に囲まれた、脇本浜の静かな入江である。深田の港まで降りてしばらく歩くと、番所ノ鼻はやっとその姿を現わす。この先の背景に浮かぶ山波は、あのきびなごの甑島であろう。それくらいの見当は、地図がなくてもつくのだけれど…。bansyonohana07.gif
bansyonohana04.gif
 脇本の集落の中心部に寄ったところには、寺島というまあるい島があるのを右手に見ながら、町の中に近づいて行く。

▼国土地理院 「地理院地図」
32度4分19.11秒 130度10分59.38秒
bansyonohanaM.gif
dendenmushi.gif九州地方(2009/03/17 訪問)

にほんブログ村 その他趣味ブログ
その他珍しい趣味へ 人気ブログランキングへ
タグ:鹿児島県
きた!みた!印(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

きた!みた!印 9

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。