SSブログ

422 焼崎鼻=阿久根市脇本(鹿児島県)閉鎖性水域の南端はここ黒之瀬戸が漏斗の先のように [岬めぐり]

 ここは、414の立石鼻の3キロほど西に続く岬のはずであった。だから、本来なら出水市の田辺からどんどん西へ歩いて、そのまま阿久根市に入ってもよかったのだが、このときには出水駅で借りた自転車に乗っていたので、乗り捨てができない以上、返しに戻らなくてはならなかった。田辺までは市のコミュニティーバスというのもあったのだが、なにしろ本数が少なく、時間の折り合いがつかないので、レンタサイクルになった。
 ねっ。こういうところが、なかなかコース取りで、いろいろ苦労なところなのです。
yakezakihana02.gif
 そこで、焼崎鼻は、こうして西に回り込んだ黒之瀬戸から、遠望することになった。瀬戸を橋で渡り、北東側が見渡せる高台を選んでやってきた。
 対岸に延びていく道は、山の中の道で、海岸から30〜50メートルも離れた高いところを巻いている。焼崎鼻の前後には、八郷と小漉という二つの集落もあるが、あとは山ばかり。
yakezakihana01.gif
 焼崎鼻の向うに、蜃気楼のように浮かび上がって見えるのは、出水市の前島と桂島であろう。梶折鼻と同じような潮の流れもある。
 北は宇土半島、南はこの長島・阿久根、西は天草の島々で、しっかり囲まれている八代海(不知火海)は、南北に少し斜めになっておよそ73キロ、いちばん距離のある天草下島と水俣の間は20キロほど。
 面積は結構広いけれど、外海とは五つの水道・海峡でつながっているだけなのだ。なかでも、いちばん広く開いているのが、宇土半島先端につながっている大矢野島と天草上島の間で2.5キロ程度、それに次ぐのが天草下島と長島の間の2キロくらい。狭いほうは、天草神島と下島の間の本渡瀬戸がいちばん狭いところでは60メートルで、南の端のこの黒之瀬戸は二番目に狭い水道になっている。
 そこには球磨川をはじめ何本もの川が注いではいるが、つまりこの海は、「相当な閉鎖性水域」であるということだ。
yakezakihana03.gif
yakezakihana04.gif
 その南のはじっこで、ちょうど漏斗(じょうご)のように口をすぼめて東シナ海につながっているのが、ここ黒之瀬戸なのだ。潮の流れが速いというのも、理にかなったことなのだ。
 本土側の海岸は、2008年の初めての熊本シリーズ(262〜283)で岬めぐりをしたが、あのときも海の青さにしびれるような感覚があったなあと、焼崎鼻を遠く望みながら思い返していた。

▼国土地理院 「地理院地図」
32度7分27.90秒 130度12分39.72秒
yakezakihanaM.gif
dendenmushi.gif九州地方(2009/03/17 訪問)

にほんブログ村 その他趣味ブログ
その他珍しい趣味へ 人気ブログランキングへ
タグ:鹿児島県
きた!みた!印(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 

きた!みた!印 10

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。