So-net無料ブログ作成

055 剱崎=三浦市南下浦町松輪(神奈川県)大根は剱にも似て [岬めぐり]

 この半島の付け根辺りに住むようになって、始めたものの最後まで完遂できずに終わったプランがあった。それは、日曜日には半島の海べりを、少しずつ徒歩で全部ぐるりと歩き通すというものだった。
 歩く距離としては、さほどたいしたことはないので、しんどくてできなかったとかではない。7割方は歩いたところで挫折した理由は、コンクリートの堤防や、工場などに取り込まれていて海べりを歩くことができない、という別のことだった。

 剱崎への道も、三浦半島のテーブル状台地の大根畑を抜けていく道と、海岸沿いに行く細い道とがある。城ケ島から毘沙門を経由して、江奈湾と松輪を経る道は、なかなかいい。東京にこんなに近いところに、こんな場所があるとは信じられないくらいである。

 そのときも含めて、この房総半島が見える岬にも何度か来た。この辺りの風景は、何十年も前からほとんど変わっていない。それは、ここで三浦大根やキャベツなどの蔬菜営農が、変わることなく営々と続けられてきたためだろう。
 農道の脇の畑をよく見ると、大きくなった大根の畝の間には、キャベツの苗が植えられている。大根が収穫できた後は、間髪を入れずにキャベツ畑になるという寸法だ。いかにも日本人らしい。
 剱崎から三崎方面に行くバスの中で、「ことしは大根が安いんで…」大変だわという愚痴から始まった、地元のおばさんの会話が耳に入る。
 「…そう、上の娘は四大出て○○へ就職したんだけど、もっと勉強したいとかいうんでカナダへ行ってねえ…」
 大根が育ててきたものは、たくさんあるらしい。

▼国土地理院 「地理院地図」
35度8分28.11秒 139度40分35.81秒
55けんざき-55.jpg
dendenmushi.gif関東地方(2006/12/01 再訪)

@このブログは、ヘッダー、サイドバーをも含めた、全画面表示でみることを大前提としています。

にほんブログ村 その他趣味ブログ
その他珍しい趣味へ 人気ブログランキングへ

タグ:神奈川県
きた!みた!印(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

きた!みた!印 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました